落ち着いて考えよう


by kurivip
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

宝塚記念回顧

ゴールドシップの連覇で終った訳ですが3馬身差と言う事で完勝でしたな、発表は良だったものの実質的には重って感じだったみたいですな、後ろからは何も来れない流れになってしまいました、予想的には馬場の把握が出来なかった時点で終ってました...

今日は出遅れず、けして早い出ではなかったですがスムースに前に上がって行っての圧勝とコース適正と馬場適正が他とは違いすぎるゴールドシップって感じでしたかね、秋は凱旋門行ってくんねえかな、府中じゃ期待持てないだろし...

カレンミロティックは前につけてしっかり脚を残してしのぎきった感じですかね、あんまり上がりが速くならないこの馬場もよかったんじゃないでしょうかね、母系の血統からもパワーはありそうですし

あっと驚くヴィルシーナつーかコンディションは確実に一時期よりあがってきてたんでしょうな、あとは展開と、この先はまああまり買い漁れない感じはしますけど今日のところはとりあえずよく頑張りましたってとこかな

ウインバリアシオンは差しにくい形になったのは運がなかったけども正直物足りないと言うかここらで決めないとG1取るチャンスなくなりそうな気が....まあこの馬は府中でも大丈夫でしょうがここに出てない強豪も秋には増えるしねえ...

ジェンティルドンナはズブズブだったですな、重い馬場はやはり合わないですかね、とりあえず秋は得意の府中でと言いたいとこですがそろそろ能力的には頭打ちな感じもしてるんじゃないかと思ったりもします

更にズブズブだったメイショウマンボは阪神が駄目なの?差しにくい馬場とはいえだらしなさすぎだわさ...

そんなこんなで今年の競馬も半分終了、順調に低空飛行な予想を続けとりますが秋はも少し当たるようになるはずです!(根拠なし)
と言う事で次回は10月1週目ですかね、スプリンターズステークスで合いましょう!
[PR]
by kurivip | 2014-06-29 22:32 | 競馬 | Comments(0)

宝塚記念予想

11R 宝塚記念 GI
JRA60周年記念
サラ系3歳以上オープン (国際)(指)
2200m芝・右       定 量 
 1  1ホッコーブレーヴ    58.0 戸崎圭太    松永康利
 2  2デニムアンドルビー   56.0 浜中俊     角居勝彦
 3  3ヴィルシーナ      56.0 福永祐一    友道康夫
 4  4ヒットザターゲット   58.0 武豊      加藤敬二
 5  5カレンミロティック   58.0 池添謙一    平田修
 5  6ジェンティルドンナ   56.0 川田将雅    石坂正
 6  7ウインバリアシオン   58.0 岩田康誠    松永昌博
 6  8トーセンジョーダン   58.0 内田博幸    池江泰寿
 7  9ヴェルデグリーン    58.0 田辺裕信    相沢郁
 7 10メイショウマンボ    56.0 武幸四郎    飯田祐史
B8 11ゴールドシップ     58.0 横山典弘    須貝尚介
 8 12フェイムゲーム     58.0 北村宏司    宗像義忠

阪神2200、宝塚記念でございます
12頭立てと言う事でこじんまりした感じになってしまいましたがそれなりに一長一短あってなかなか難しい感じもありますがどーなりますかね
と言う事で案外悩まされたものの宝塚はこういうタイプが勝ちにふさわしいと言う事でウインバリアシオンが本命、今更能力をうんぬんする必要もないですが条件的には揃ってるのでここらでG1取ってもらいたいなとそれだけですな
対抗はメイショウマンボを抜擢、大阪杯はがっかりさせられたもののヴィクトリアマイルは本調子までいかない状態で2着、今回は更に上昇気配でここで牡馬相手にどの程度やれるかはっきりするのかなと思います、やってみないとなんともいえない所ではありますが期待料込みで
あとは昨年の覇者ゴールドシップまでに印を回して終了ですかね

馬連

7-10  10-11  7-11
[PR]
by kurivip | 2014-06-28 22:26 | 競馬 | Comments(0)

安田記念回顧

グランプリボスさえいなけりゃ概ね選んだ馬のチョイスは正しかったんですけどねえ、なかなかうまくいきませんなあ.....てな安田記念でございました

直線向いた時点ではちょっと無理かなと思ったんですがなんとか馬群をかきわけて最後まであきらめずに伸びるという強い精神力の競馬で流石でしたなジャスタウェイ、次はどこになるんでしょか、宝塚使うのかね?

あっと驚くグランプリボスって言うほど驚いてもないんですが実績はあるわけですし、ただ正直ここまで手が回らんって事なだけで、最後はノメったのか三浦がへぐったのか微妙な感じでバランス崩してるように見えましたがあれがなきゃ勝ててたんじゃねえのか?

ショウナンマイティもだいぶん調子戻してきてたって事ですかね、まあ出来れば良でって事だったとは思いますが立ち直ってきさえすれば秋にもチャンスはあるんじゃないでしょうか

4角早目の仕掛けで最後までしっかり走りきったダノンシャークはこの馬としては目一杯やれたんじゃないでしょうかね

ワールドエースも頑張ってはいるんですけど流石にもう少し内枠が欲しかったつーとこですかね、一気の相手強化に悪条件も重なったので

グランデッツァも勝ち馬とほぼ同じようなとこにいたんですが同じようには伸びて来れなかったのはまあこれも一気の相手強化と悪条件のWパンチでしょうかね、まあ順調に使えるようになってくればワールドエース共々重賞で楽しませてくれるんじゃないでしょうか

これでしばらく開きますが次は月末、宝塚記念でお会いしましょう
[PR]
by kurivip | 2014-06-08 17:09 | 競馬 | Comments(0)

安田記念予想

11R 安田記念 GI
農林水産省賞典
サラ系3歳以上オープン (国際)(指)
1600m芝・左       定 量 
 1  1グランデッツァ     58.0 石橋脩     平田修
B1  2レッドスパーダ     58.0 四位洋文    藤沢和雄
 2  3カレンブラックヒル   58.0 秋山真一郎   平田修
 2  4リアルインパクト    58.0 戸崎圭太    堀宣行
 3  5エキストラエンド    58.0 横山典弘    角居勝彦
B3  6グロリアスデイズ    58.0 J.モレイラ  J.サイズ
 4  7ホエールキャプチャ   56.0 蛯名正義    田中清隆
 4  8ミッキーアイル     54.0 浜中俊     音無秀孝
 5  9ダノンシャーク     58.0 内田博幸    大久保龍志
 5 10ジャスタウェイ     58.0 柴田善臣    須貝尚介
 6 11ショウナンマイティ   58.0 北村宏司    梅田智之
 6 12グランプリボス     58.0 三浦皇成    矢作芳人
 7 13フィエロ        58.0 岩田康誠    藤原英昭
 7 14クラレント       58.0 川田将雅    橋口弘次郎
 8 15サダムパテック     58.0 田中勝春    西園正都
 8 16トーセンラー      58.0 武豊      藤原英昭
 8 17ワールドエース     58.0 C.ウィリアム 池江泰寿

府中1600安田記念でございます、前日人気は単勝ジャスタウェイ2.2倍ミッキーアイル6.7倍ワールドエース9.9倍と10倍以下は3頭です、以下10倍台に5頭と結構な団子状態ですね
そんななかでも本命はやはりジャスタウェイですな、調教も順調にやってましたしレーティング単独世界一の馬を粗末にしちゃあ駄目でしょやはりと言う事でこれから
対抗に心の皐月賞馬グランデッツァと心のダービー馬ワールドエースの2頭
その他は内から3着ならのダノンシャーク、状態上向き一発秘めるショウナンマイティ、好素材フィエロと府中は得意なのに全然人気のないクラレントまで
一応田んぼ状態にはならないと踏んで予想してますが当日の馬場状態で何もかも変えるかもなのでそこんとこよろしこ

一応不良馬場を考慮して3連復にチェンジ

3連復
軸 10  相手01,09,11,13,14,17

あとはグランデッツァの道悪が実は上手いハズと踏んで
馬連
軸 01  相手09,10,11,13,14,17

こんな感じで投票終了
[PR]
by kurivip | 2014-06-07 22:40 | 競馬 | Comments(0)
エキマエの故障にトーセンスターダムがラチにぶつかったりと妙な激しさが印象に残るレースになってしまいまいました、スローは読めてもトーセンスターダムが番手で競馬するつーのもまったく頭になかったですな

と言う事でこれも驚きの先行のワンアンドオンリーが勝利したわけですが無理して下げる必要などまったくない訳で作戦としては妥当なんですが軽くかかりぎみくらいの感じで競馬してたのはちと驚きでした、使う事に確実に成長してる感じで秋も当然期待出来るんじゃないでしょうか

イスラボニータは結果的に勝ち馬にびっしりマークされたようになっちゃったので苦しくなりましたがやはり強いですね、ここまでは距離も問題なくこなしましたが秋はどーすんでしょうな、秋天行ってほしいですが

マイネルフロストは毎日杯をぎりぎり勝った時には案外おもしろいかもとかって思ってたけど青葉賞が情けなかったんで早々に見切りつけてましたが勝ち馬の後ろあたりで脚をためて内枠のメリットを最大限いかし好騎乗だったんじゃねーでしょうか

タガノグランパは...ファルコンステークスから府中G1は要注意なのか?

トゥザワールドはやや行きっぷりが悪かったようですね、今日の位置で外から差しきるのはしんどいでしょうしなかなか難しかったですな、今日の温度とか考えると兄貴も暑いの苦手だったけどこいつもかひょっとして?

レッドリヴェールは位置取りが全てだし出来も正直落ちてたつーとこなんでしょうかねえ、秋に向けて馬体をもう一回りも二回りも成長さしてほしいとこです

個人的には馬単と馬連両方的中なんですが配分がイマイチ下手糞で思うようには儲かってないわけですが、まあ久々にダービー取れて良かったです、この勢いで安田記念もビシッと行きたいですな、ではまた!
[PR]
by kurivip | 2014-06-01 22:48 | 競馬 | Comments(0)